強者どもが夢の後。

慈徳院は初代の鳥川小学校で虫封じ寺、それ以前を調べると1653年に代官松平氏から六石余を寄進された寺。一石150㌔は大人が一年に食べる米の量で、兵士を雇って居ないはずの寺だけど、政治的に重要で兵士を雇って居たのか?松平氏にとって住職は知恵袋だったのか?益々謎が深まった。📷 2019年12月11日  by TOMO

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    nosugar (日曜日, 23 1月 2022 07:48)

    イチョウの木圧巻!田んぼの向こう、緑を背景にしたイチョウは、昔から額田の人々を圧倒する存在だったのでは。松平氏が額田藩の藩主だったから菩提寺?
    滋徳院は額田の貴重な歴史文化財ではないでしょうか。地元の人が手入れしているとはいえ、このまま放置しておいてはもったいないなあ…岡崎市に要請してせめて水回り(トイレ)を整備してもらえば、観光スポットにもなると思うんだけど(๑•̀ㅂ•́)و