山歩クラブは1999年スタート。確実に平均年齢上がってます。

山歩クラブは参加を体力チェックで決定しようか考え中です。①筋力と②柔軟性がある筋肉が理想なので、①登山中の怪我8割は下山中に発生するのでふらつかない体幹部や、踏ん張る下肢の筋力、②伸びない筋肉は縮まないので下肢全体の柔軟性が必要。安全に継続するため為、解剖学・運動生理学的に対策を取りたいと思います。📷 竜ヶ岩洞

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    nosugar (月曜日, 08 11月 2021 18:45)

    柔軟性も体力の一つなんですね(・・;)

    数年前、2歳児と「バーバと走るぞ!」と手をつないで走り出した途端に、歩道のデコボコに躓いて転んだ。視界がスローモーションになり手を離さなきゃと思いながら、離さないまま2歳児も転倒。私は肋骨にヒビ、2歳児はバウンドして無傷。これって柔軟性の差?
    今日から寝る前にストレッチしよ(¯―¯٥)