ホオズキの実。

千万町の方から「この地区も天然痘で約6割の死者が出た」と聞いたので調べてみると明治の30年間で3度の大流行があり それぞれ2年間続いてる。サルボボは天然痘などの疫病厄除けを祈願したお守りが発祥らしい。とにかく2年で終息してくれたら来年は国外脱出が出来る!📷 。by TOMO

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    nosugar (木曜日, 10 6月 2021 06:04)

    そ、そんなに被害が…!コロナと同じ飛沫感染だから、住民同士の結びつきが強かったからでしょうか?私が生まれた年に、天然痘患者は国内で発生ゼロになっています。そんなに昔のことではないんだよね。ん、昔か…(^_^;)