千葉山 智満寺

千葉山 智満寺は開基771年(1250年前!)国の重文に指定されている仏像や巨木があり、境内全体が御本尊。この茅葺きは10年程前に寄付で葺き替え、仁王門の茅葺きは草や花が生い茂っていた。📷登山口から約1時間。

ユキノシタは葉や茎を煎じて解熱・解毒に、葉っぱの汁は虫刺されに効果があるらしいけど最近は、保湿効果が注目され(ユキノシタ入り)と表示している有名な化粧品ブランドもあるほど。見れば見る程不思議な形の花。

智満寺から先は登山者 通行禁止で厳しいこだわりを守る姿勢は女人禁制の大峰山を思い出す。千日回峰行の奥駆道で会った行者さんも木の根を傷めない様に足袋を履き 死装束の真っ白い服装だった。仁王門の茅葺きは、御朱印の収入で賄えるのでは?と思ったけどそれは資本主義の思考か?色々考えた興味深いお寺さんでした。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    nosugar (月曜日, 24 5月 2021 06:25)

    ピエロみたいで可愛らしい花ですね。山野草の薬効を、つい人間様に役に立つ立たないと考えがちですが、山の動物たちにとっても、怪我したところに薬効のある葉を貼ったり、まるでバンドエイド、植物の汁を塗り込んだり、動物の知恵にびっくり。
    ネットで見るとこの山の杉の巨木は面白そう!確かに聖山だからお参りしてから登るべきだけれど、それもだめなのですか?それはちょっとなぁ…