シェアシード=種を分かち合う。

スーパーで売られている野菜の殆どが1代限りのF1種、日本古来の固有種・在来種は滅びる一方で種の多様性や安全性は危機的状況と言われています。自家採種を行い種を分け合いその国や地域に適した野菜や豆を未来に繋げる活動をシェアシードと言います。その活動で使いますので、家に不要なガラス瓶(大小不問)がある方はオオクボまで。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    梅村義王 (火曜日, 06 4月 2021 09:15)

    Σ(゚Д゚)した、いも虫かとシダでした、目が悪い僕である、じえんまい美味いです、此れを探しに、山に入りマムシと出会う、怖いマムシ1度食いついたら�なさないマムシ、マムシ鳥谷さんがマムシにかまれなくなるこれ本当の話、山に入る時にはくレグれも気を付けて。�