つくし畑。

8年前に福島へ行きTVでよく見る日和山からの景色を見ていたら、被災者の方が来て家族を亡くした事や地域の話をしてくれましたが、返事の仕様がなく 涙を堪えて聞きました。テレビや新聞は取材した人のフィルターを通した情報や感想だから、それを取り除いた状況を自分の目で見て感じる事は重要だと思ったしこれからも私はそうする。

 

※イベントお手伝い頂く皆さまへ⇒10円玉を20枚/人ほど御用意して頂けると助かります。

ダウンロード
2021年3月20日(祝)・21日㈰
0304_QURUWAと暮らす.pdf
PDFファイル 3.6 MB

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    梅村義王 (金曜日, 12 3月 2021 08:48)

    逞しいツクシ僕と同じだ、雑層の中確実に生き抜いていますでも痩せすぎ世のなかを生き抜いてこその焚くマシい姿ととらえています、借りています畑の畔にツクシが居パイ出ますとられる人横向く人、様々です、動かぬ原子力発電即原子爆弾見たいな、是獲って誰がてだれがはいせんになあって、 
    資源のない日本国原子爆弾でも作れば余暇阿多モノを宝の持ち腐れ、�誤ればよいといゅものでもないおまえ、僕(。◕ˇдˇ​◕。)
    私にお金有ればと体さえ元気でいられたならば、足手まといに和されたくない�あれ魔があている。腐れ。