米穀商からすき焼きの名店&岡崎市公共施設の再開。

家畜の屠殺(とさつ)やそれに関わる当時の職人の事を知る面白い本があった。滋賀県蒲生郡の出身で家業は米穀業なのに1872年(明治5)33歳で牛馬商になった竹中久治、東京に牛を出荷し その後 浅草に「米久」の屋号で牛肉店を開業、それが今のすき焼きで有名なお店。ルーツを知って驚き、米と肉を扱う所に親近感を覚える。

📷 薬師古道の入口に石仏 by TOMO

 

【岡崎市ホームページ:公共施設の再開について】

2月7日までを期限としておりました、愛知県への緊急事態宣言が3月7日まで延長されるとの発表がありました。
これまで、市民の皆さまには、不要不急の外出の自粛やマスクの着用、手指の消毒など感染予防対策の徹底をお願いしてきたところでございます。さらに、この期間中に、徹底的に感染を抑え込みたい。そして、これから迎えようとする、まずは卒業式の開催を始めとして、入学式、春の行楽シーズン、こうしたものに備えていきたいという、岡崎市としての強い思いから、市内の公共施設を2月7日まで原則、休館するなど他市よりも厳しい措置をとってまいりました。皆さまのご協力に大変感謝しております。
 本市においては、皆さまの感染予防対策へのご協力により、1月下旬以降、感染者数も減少傾向に転じてきております。そこで、市内の公共施設は2月8日以降、開館いたします。ただし、緊急事態宣言が解除されていないことから、3月7日まで、開館時間が午後8時を過ぎる施設につきましては利用時間を短縮し、午後8時までといたします。繰り返しになりますが、不要不急の外出、特に8時以降の外出は改めて控えて頂き、とにかくマスクの着用、手指の消毒など感染予防対策の徹底をお願いします。
 また、本市では、「チームwinコロナ」を立ち上げ、ワクチンが供給され次第、希望する市民の皆様に、安全かつ迅速にワクチンを接種する体制整備を進めております。今しばらく、ご不便、ご負担をおかけいたしますが、一人ひとりのしっかりとした対策が、感染拡大を防ぐ最善の策となります。何卒ご協力をお願いいたします。令和3年2月3日 岡崎市長 中根康浩

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    梅村義王 (木曜日, 04 2月 2021 15:55)

    1872年どうして運んだのかなーどうして調べるのかなー、竹中何処の出なのか、いつごろから、
    お金持ちがおおいざいばつ、何か僕には知らないことばかりどうでも良いような、竹中平蔵。きんきゅじたせんげん,( ..)φメモメモ。