今年の主役。

桜は固いので プロが使う版画や和菓子の型に使われ、昔は人が出入りする敷居に使ったのはすり減りにくく使う程に艶と味が出たから。柿は折れやすく「柿の木から落ちると3年で死ぬ」と忌み嫌われたけど、長火鉢に使うと キセルの雁首で打ち付けて凹んでも いつの間にか戻る。木を適材適所で使う 昔の人は自然をよく見てる。

📷 by TOMO

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    梅村義王 (火曜日, 02 2月 2021 09:45)

    牛もこれだけ揃うと可愛くない、馬と言えば、何匹お手も�ものです競馬が良い僕の独り言、
    あのとぅじの僕はばくち図家、結局人間をダメにする、
    そうですねカキの木には思い出が、食いたさに、桜の木には思い出無、今は違います美しいかな花見酒
    牛も可愛いです此のエサ不衛生ですもっときれいに食べさせて、体内でろ過されても飲みたくない食べたくない、( ..)φメモメモ。