滋賀県 サイコー!!

滋賀県にある廃村 榑ヶ畑や今畑の雰囲気が大好きで、惟喬親王(これたかしんのう)が幽棲し 木地師の里でもある君ヶ畑が以前から気になっていたので、行ってみたらタイムスリップした様な場所。茅葺きの家屋や 周りを山に囲まれた秘境 立派で手入れされた神社 沢山の木地師が居た強者どもが夢の後の雰囲気など思った以上に素晴らしい!

惟喬親王(これたかしんのう)が西暦880年に亡くなると、天皇の命で神殿が営造されたのがここ 大皇器地租神社(おおきみきぢそじんじゃ)。惟喬親王はろくろを思い付き、お盆や器を作る技術を広めた全国木地師の租で、木地師が一生に一度は訪れる事を願った場所。このすぐ横が「鈴鹿10座」の1つ天狗堂の登山口。

惟喬親王に仕えていた木地師が、自然に凝固し苔むした石を見て「我が君は 千代に 八千代に・・・」と歌った。この木地師は地位が低かったので 詠み人知らずと扱われたが、御目出度い讃歌なので「君が代」に変更し明治に国歌の歌詞となった。君が代は我が君だったとは驚き!!誰にも遭わず、音もせず、とても不思議な時間だった。。

こんな家もあり、「強者どもが夢の後」の雰囲気が大好きな私はこの場所で暫し佇む。と、近くの住職さんから「気に入ったら引っ越しておいで、住める家は沢山あるよ」と誘われたのは、いつもの事。今日もイイ一日でした。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    梅村義王 (火曜日, 24 11月 2020 08:54)

    こんな所があるんですね、黒坂によく似ていますね、懐かしく思います。
    これたあかししんのうそうなだー、出も面白く読ませてもらいます、歴史のこと倭しりま千
    一度行ってみたいのが僕、、、(❁´◡`❁)、誰か連れていてください、