昔は地元産が当たり前。

イベント開催の度に食材(米・肉)と燃料(炭)をぬかた地区から街へ運びながら、(昔もこうやって山間部から城下町に運んでて 私がやってる事は馬が車になっただけ)と思う。お米と灯油を扱うお店が多いのはその延長と推測するけど、今はその2つが他県や海外製品で インターネット注文だから、山間部も地元商店も寂れて行く。