この一片でご飯二杯行けます!!

ぬかた地区でよく見られるシシ垣は肉の事を「しし」と言ったので猪・鹿を対象とした石垣の事。その2つを「か」と「ゐ=い」と呼んでいたので「しし」を付けて「しか」「ゐのしし」と名付けました。鹿と猪の正しい解釈は、鹿肉と猪肉でしょうか。📷いしるに漬け発酵させた能登の郷土料理✨独特の香りと溢れる旨みで御飯が進む。