米と柵。

農家とは「経営耕地面積が10アール(約田圃1枚)以上の農業を営む世帯または農産物販売額が年15万円以上ある世帯」とありました。今は機械や除草剤・肥料があるので会社勤めをしながら田圃1枚なら十分管理出来るし、5~6人が1年間に食べる量のお米が収穫できます。いつか「鳥川を遊びつくす会の田んぼ」を地元農家の方に教えてもらいながらやってみたいな。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ウメムラ (金曜日, 21 9月 2018 07:04)

    農業、先ずはイノシシ対策への言葉にすれば、
    切のないことでせょう除草剤跳んでもありません、巷では昆布から作ている人に対し大事代部ですとかいい加減な言葉、
    私はこのことに反対です僕には図らないけど、僕の言葉も今期余もないかもしれない、無農薬といえば恐ろしい、
    無農薬栽培はむつかしいでしょう?、僕はこの考えです、農業、畑、田んぼはコメ、機械でするから早い、農薬があるから、事実はいはない農家、僕はこんな考えです、違うと言晴れる人はそれ成りの僕に言葉を馳せて下さい、
    大変な苦労が、作る人には大変だと思います、「本当に農薬なしでつくていられるひともいます」( ^)o(^ )。