昨年大好評の川遊びを今年も行います。下記のお申込で空き有ります😪子供は川遊び、大人は日陰でのんびり出来る場所の提供です。

オオクボまで御連絡下さい☞090-7305-6492。 

 

 

8月18日→犬塚さん(大2,子2)。福島さん(大2,子2)。榊さん(大2,子1)。天野さん(大2,子1)。倉橋さん(大1,子2)。柴田(み)さん(大1,子2)。柴田(博)さん(大1,子2)。渡辺さん(大2,子1)。

 

大き目の浮き輪で上流から流され、見上げる景色は大人もハマる楽しさが有ります。魚が沢山いますが、基本的にはリリースでお願い致します。幼児から中学生まで幅広い年齢の子供が参加して、それぞれのペースで遊んでます。濡れてもイイ服装、着替え、各自のやりたい遊び道具、大き目の浮き輪や、大人は椅子、昼食や水分(子供はおやつ)を持参すると楽しめます。

 

2019年8月第1回⇒7家族(23名)。第2回⇒5家族(16名)。の御参加でした。


7月28日 岡崎観光夏祭り わんぱく祭り

第1回は送迎バスが到着する度に子供達がどんぐりらんどブースに押し寄せ、第2回は海外トレッキングで私は不参加。第3回の今回は台風一過で暑さが堪え熱中症で救急車で運ばれた人も居た程。初めての貯金箱キットはトレーサビリティ表記で地元の木をアピールしてみたら概ね好評で、ロゴに色を塗る子もいてビックリ!!

見本を見て作るから、見本の材料は用意しないといけません。カラフルはイイけどペンが必要になり、細かな作業は結局大人がやる事になり、必要な物の最終確認をしっかり、など一年振りの「どんぐりらんど」は改良点が沢山。伸びしろ沢山。

味噌樽を改良した2トンの太鼓を担ぐのが最後の見せ場!ぬかたジビエから五平餅、深さんからスイカの差し入れ☝たぶん今夏一番暑いイベントが今日☀日頃 屋外運動をしてないと耐えられない暑さでのお手伝い本当にありがとうございました!誰一人欠けてもクリア出来なかった作業で 多くの方のお陰でやりたい事が形になり感謝致します、これからも宜しくお願いします。

 

 

お祭り2日後、中日新聞 朝刊に「額田産木材を使った木工教室」と鳥川を遊びつくす会のブースが書かれてました。足湯やぬかたかき氷街道などは書かれてないのはなぜ??

 

額田産の木で「どんぐりらんど」、額田産の猪や鹿で「ぬかたジビエ」を展開する方向性は間違って無いと確信するこの頃。


4月6日 鳥川町 喜桜山 登山

集合場所の鳥川集会場やほたる学校周辺の桜はまさに見頃🌸🌸風は強かったのですが、日差しもありアウトドア日和😉


3日前の下見では咲いてなかったのにハルリンドウが咲き始めてた😲。鳥川の飛行場跡は地図にも載って無い情報です☝。


肝心の喜桜は全く咲く気配もない・・・今年は裏年かも。喜桜はこの94歳の喜一さんの名前から、お酒ではアリマセン。


3年連続でご参加頂いてるご夫婦から「オオクボさんのお陰で額田や山歩きにはまった」と言って頂き本当に嬉しかった!こちらこそ、毎年のご参加ありがとうございます🙌これからも、ぬかた地区の自然にはまる人を増やします。



3月24日千万町ミツマタウォーク

綺麗な青空で少し寒いけど歩くのには適した気温。幼児・小学生含む総勢58名の御参加ありがとうございました。


千万町やミツマタ群生地を知らなかった方も、地元の人によるミツマタの歴史やこれからの取り組みなどを聞きながら圧巻の景色を見ると、この地域や自然がとても大切な物だと気付きます。岡崎の大切な水は額田の森が源です。


森を歩き、ミツマタを香り、薪割りや紙漉きなど体験プログラム森沢山。[知ってる]と[経験する]のは全く違う事、鳥川を遊びつくす会の関わる行事は、額田でしか出来ない体験やグルメの御提供🙌次は喜桜山(きざくら)登山です🌸



2019´2月3日㈰ まち育フードフェスタ。

11時~14時で入場者600名😲ピーク時は身動きが取れない程!市民活動団体紹介ビデオを見て百円クーポンを貰う☝


豚コレラ風評被害は全く無くジビエライスは1時間ほどで完売。コロッケは成形すると300個近く出来る事がわかり途中から250円2個に変更するとお土産に購入する方が途切れず😲ほとんどを売り切りました!!


ジビエライスは猪肉がナゼか初めて固くなりましたが、美味しい!と再購入に来る子供がいたほど過去最高の出来✨コロッケもお肉がフワフワで芋、玉葱それぞれの味がとても分かる初めての美味しさと沢山の感謝の言葉を頂きました。

 

前日は3時間近くの下拵え、当日は一日中キッチンでコロッケの成型&揚げ😐気が遠くなる程の作業をありがとうございました!お手伝い頂いた皆様と大変だけど、楽しくて美味しい2日間を過ごした事に感謝🙋御馳走様でした。



2016年岡崎市制100周年記念イベント開催に伴い設立した地域団体。役員は鳥川ホタル保存会5名、額田地区以外の岡崎と幸田町在住者4名。「鳥川ホタルの里」を活動フィールドにトレッキングや木工クラフト製作、地元「ホタルの米(まい)」を使った五平餅や日本1に選ばれた名水などの飲食体験を行い、都市部の方にここでしか出来ない自然体験をして頂くきっかけ作りをします。

 

地域活性は人と経済の活性化。鳥川の名水で作るホタルの米・椎茸、間伐材で作る炭など安心安全な生産物を販売し地域と地域団体に経済効果のある仕組みを作り、地元の人と訪れた人の交流の場所を作る事を目的に活動します。

 

イベントについてのお問い合わせは、ホーム→主催者プロフィールに記載のアドレス・電話にお願い致します。



ダウンロード
ホタル学校へのアクセスアップ.pdf
PDFファイル 209.6 KB

☝日本1の名水で作られるホタルの米(まい)品種はミネアサヒ。☟鳥川の春は様々な種類の桜が長く楽しめます。


☟渡りをする蝶「アサギマダラ」は鳥川の秋の風物詩。