2021年7月 シャモニ&ツェルマット トレッキング

1786年地元の猟師と医師がモンブランに登頂してから、登山・避暑地・スキーで有名となったシャモニは第一回冬季オリンピック開催地。左→アルブ川は乳白色の氷河の雪解け水、轟音と共に街の中心地を流れてる。中⇒私のお気に入りドリュ 3754㍍は見事な針山。右⇒もの凄い勢いで後退してるメールドグラス氷河 この奥右にグランドジョラス4208㍍。


左⇒登山者向けに夏だけ営業のレストランは地ビールやお料理が素朴で美味しい。中⇒富士山よりも高所からイタリアのグランドジョラスやモンテローザ、スイスのマッターホルン、登山中のアルピニストが一望。右⇒エギュユ ドゥ ミディ3842㍍はフランスとイタリアの国境に位置し、周囲に広がる名峰は圧巻!!写真は全て2018年夏。by 大ちゃん。


ダウンロード
シャモニの街・トレッキングルート・乗り物についての小冊子。
brochure-japon-2017 - コピー.pdf
PDFファイル 15.1 MB

ツェルマットのメインはマッターホルンを仰ぎ見るヘルンリ小屋(3260㍍、登山口から高低差700㍍、往復4時間半)。ハイカーはここで珈琲やケーキの休憩を摂り日帰り、アルピニストはここで宿泊 翌早朝発でマッターホルン往復です


ツェルマットではモンテローザ(モンテ⇒山、ローザ⇒薔薇で標高4634㍍。複数の峰で山容が薔薇の花弁に見える、スイスとイタリアの国境に在る スイス最高峰)やブライトホルン(標高4164㍍、この山に山岳ガイドと登頂し許可を得た登山者がマッターホルンに挑戦出来る)、瓦礫で咲く高山植物が楽しめます。


シャレーやアパートを借りて4~6人で生活🎶寝室(シングルorツイン)は就寝時だけ使います。左:殆どリビングやダイニングで過ごします。右:皆で料理(苦手な方は後片付けをお願いしま~す)。📷2021年宿泊予定のアパート


お天気、参加者の疲れ具合、マルシェやバイクレースなど地元イベントで日程変更の可能性は充分あります。


滞在する街の標高は高く、更に 三千㍍付近の乾燥した空気と強い紫外線を浴びながらのトレッキングは非常に体力消耗します。皆でトレッキングが心配な日は街で景色やお買い物を楽しんでお過ごし下さい。アパートは中心部です








10月ネパール トレッキング

中旬はムスタン王国を計画中。100年以上前に鎖国中のチベットへ経典入手を目的に渡った河口慧海が、1年以上暮らした村ツァランに行ってみたい。地理的条件から、宗教・言語・生活など全てにおいて、チベット文化が残り1992年に開国した地域。カトマンズの賑わいやポカラの緩い雰囲気、荒涼とした景色と仏教の教えを何世紀も受け継ぐムスタン王国、山小屋で会う様々な国籍のハイカーなど楽しみいっぱいです。📷 2011年 アンナプルナ ベース キャンプ4130メートル by 大ちゃん。