加工品のご要望は各教室、又はメールでお願い致します。

1-1 猪ウィンナー

三州マタギ屋で解体されたAクラスの猪肉で作られたウィンナーは、粗びきの歯ごたえを楽しみながら噛む程に健康な食べ物に特有の「旨み」を味わえます。猪は脂を食べる、と言われそこに旨みが在ります。ぬかたジビエ加工品の第一号 完成まで7年の歳月をかけたウィンナーを是非一度ご賞味下さい。

¥700

  • 0.1 kg

1-2 鹿ウィンナー

三州マタギ屋で解体されたAクラスの鹿肉で作られたウィンナー、粗びきでジビエの旨みを充分味わえます。草食動物の鹿は脂身が殆ど無く赤身が多いのが特徴で、昔から「鹿は女性に食べさせろ」と言い貧血気味の女性の天然サプリメント。女性のお客様は鹿、男性やお子様には猪が人気です。

¥700

  • 0.1 kg

2-1 猪ボロニア

原産の北イタリアのボローニァでは豚の肉や脂身などを牛の腸に詰めた丸い大型のソーセージの事をボロニア(ボロ―ニャ)ソーセージと呼びます。日本ではジビエや魚肉を使った物も有りますが、太さ36㍉以上になるように中身を詰めてボイルする事が日本農林規格(JAS規格)によって決められています。

¥1,500

  • 0.1 kg

2-2 鹿ボロニア

猪・鹿ともにスライスされていますので噛むのが苦手なシニアの方に御好評頂いてます。自然解凍してそのまま食べて頂けますが片面5秒ずつフライパンで炙ると脂が溶けて更に美味しく頂けます(1パック100㌘)。ボロニアも三州マタギ屋で解体されたAクラスのジビエを使用しています。

¥1,500

  • 0.1 kg

3-1 猪 燻製

新鮮なお肉を使い血抜きを丁寧に行う事が美味しい燻製を作るポイント。味付けした腿肉に火を通し、更に燻製しジビエの旨みを閉じ込めたのでダイレクトに美味しさが感じられ、大人からお子様まで楽しんで頂ける味と歯ごたえです。食べやすい大きさにカットしてありますので、自然解凍してお皿に盛り付けるだけ、調理の必要がありません。

¥2,000

  • 0.1 kg